Make your own free website on Tripod.com

最新写真!

1. 明の家(仮事務所)完成

           
  事務所建設をしている 阪本明のカニケラ村の家です。         枠組み

 2003年4月25日に完成しました。
       5月15日トイレが完成。
       6月10日にフェンス工事終了。(6月7日〜12日にはマラリアにかかりダウン)
       6月21日引越しをして、入居しました。今はここで生活しています。

 作ったのは地元の職人さんです。(職人と呼ばれている人)
 写真で見るから、良い様に見えますが、近くで見ると・・・
 草葺は涼しくていいですがたまに草(屋根材)が落ちてきて、家の中が埃だらけになります。 人が来たときに二人は泊まれる大きさで、しかも、エコノミィースタイルがこの形です。
 土間を手抜きして仕上げてくれたので、外と同じくらいの高さです。それなので雨が降るとド  アの下から雨水が入ってきます。
 大風(直径25センチメートルのユーカリの木が倒れたり、オキディ家のパパイヤの木、これ は大木で直径45センチメートルはあります、が倒れたりするくらいの風)に大雨でしたが雨  漏りはしませんでした。ただ、屋根と壁の取り合いの所に隙間が有るので、そこから横風の とき雨が4〜5滴入ってきただけです。

写真の説明
 ・壁の右に見えるのが(地平線くらいのところ)ビクトリア湖です。
 ・ブロックを4個積んであるのがジコ(表の七輪置き場、アウトサイドキッチン)
 ・四角いのがソーラーパネルです。
 ・家の横にある細い丸太は倉庫建築用材です。
 ・2軒目(倉庫に使用中)は壁はプラスター仕上げしてますが、床は土身のままです。
  窓を作っていないので、朝光が無くて気を付けていないと、何時までも寝てしまいます。

2. ランブグ診療所 外装完成


これが、無医村に開業する予定の診療所

建物や設備を用意できたら、政府から医者を派遣してくれると約束されており、村人達が何とか建てたのは、ブロックを積み上げ、屋根を付けるところまでしかできずにいました。
そんな時に私達との出会いがあり、村を歩いてみると数多くの病人が、ただ横たわっている姿を目の当たりにしました!そこでURYUの支援は、村人達が懇願しているこの診療所から手がけ始めました。細々ですが、今ここまで来ました。開所するためにはまだまだ必要なものが沢山あります!皆さんの支援をお待ちしています!!!!